ニフクラ ブログ

ニフクラやクラウドの技術について、エンジニアが語るブログです。

NICを追加してみた(追加NIC機能)

コンピューティングのサービスに新たに加わった追加NICを使うと、サーバーにNICを追加することができます(名前のまんまですね)。これまではグローバルに1つ、プライベートに1つしかNICを使うことができなかったので、より複雑なネットワーク接続ができるサーバーを作ることができます。

追加NICにはいくつか制限がありますが、注意すべき点は以下の点でしょう。

  • ゾーンあたりの追加NICは40まで 
  • サーバーあたりの追加NICは6まで 
  • 同一のプライベートネットワークに追加NICを2つ以上接続できない 
  • IPアドレスの割り当ては通常のプライベートと同様 

特に4点目は作業効率を考えると、ルーター+DHCPサーバーの設定がほぼ必須になります。設定方法については以下の記事を参考に設定を行ってください。

プライベートLANにDHCPサーバーを作成する 

http://blog.pfs.nifcloud.com/privatelan_build_dhcpserver

追加NICの詳細は以下のページをご覧ください。

https://cloud.nifty.com/service/nic.htm

追加NICを利用する手順は以下の通りです。

  1. プライベートLAN+DHCPサーバーを準備する
  2. サーバーを作成する
  3. 追加NICを作成する
  4. 追加NICをサーバーに設定する

ここでは、手順1と2は省略します。

追加NICの作成

追加NICの作成は、コントローラーの「コンピューティング」から行います。

左側のメニューから「追加NIC」を選択します。「追加NIC作成」ボタンをクリックすると作成が行えます。追加NICを作成したいゾーンを選択し、そのゾーンにあらかじめ作成されているプライベートLANと、IPアドレスの割り当て方法を選択します。IPアドレスの割り当て方法は、サーバーにデフォルトで設定されているNICと同様です。動作の詳細については、前述した「プライベートLANにDHCPサーバーを作成する」のブログを参考にしてください。

f:id:sameshima_fjct:20171206153526p:plain 追加NICの作成画面

f:id:sameshima_fjct:20171206153549p:plain 追加NICのリスト画面

追加NICをサーバーに設定

作成した追加NICをサーバーに設定し、利用可能な状態にします。

起動中のサーバーに追加NICを割り当てることもできますが、サーバーの再起動が発生します。設定時に「再起動しない」という選択肢が増えています。以前からニフクラの中の人に「ネットワーク設定を変更すると絶対に再起動がかかるのは使いにくい」と言っておいた甲斐があったのでしょうか。地味ですが嬉しい変更ですね。

f:id:sameshima_fjct:20171206153556p:plain 追加NICの設定画面

サーバーを再起動すると、追加NICが使えるようになっています。

f:id:sameshima_fjct:20171206153630p:plain サーバーで3つのNICが動作している様子

f:id:sameshima_fjct:20171206155312p:plain 2つのプライベートLANに接続されている様子

ログインして確認

ログインして確認すると、以下のようにネットワークインターフェイスが3つになっています。

2: ens160: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:d5:14 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 157.112.xxx.xxx/23 brd 157.112.107.255 scope global dynamic ens160

3: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:6e:b6 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 10.132.2.184/18 brd 10.132.63.255 scope global dynamic ens192

4: ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:a1:8d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.0.2/24 brd 192.168.0.255 scope global dynamic ens224

これで2つのプライベートLANに跨がったサーバーなどを作ることができるようになりました。是非お試しください。