ニフクラ ブログ

ニフクラやクラウドの技術について、エンジニアが語るブログです。

【レポート】第29回ニフクラエンジニアミートアップ特別座談会「ニューノーマルでクラウド業界はこうなる!」

こんにちは。 ニフクラエンジニアミートアップ事務局の鮫島です。
2020年9月30日に、第29回ニフクラエンジニアミートアップを開催しました。

今回は、恒例の特別企画
特別座談会「ニューノーマルでクラウド業界はこうなる!」

と題して、クラウド業界の識者を集めて、ニューノーマルにおけるクラウド業界のトレンド・動向を語っていただきました。

fujitsufjct.connpass.com

今回の登壇者

・工藤 淳氏(アイレット株式会社:Amazon Web Servicesパートナー)
・鈴木 与一氏(NTTコミュニケーションズ株式会社)
・横田 真俊氏(さくらインターネット株式会社)
・吉田 雄哉氏(日本マイクロソフト株式会社)
・五月女 雄一氏(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社)
・宮原 徹氏(日本仮想化技術株式会社・司会)

f:id:sameshima_fjct:20201019190513p:plain

今回も外資勢・国内勢含め主要なクラウドベンダー・インテグレーターから錚々たる論客(おなじみのメンバー)が揃い、熱いトークが繰り広げられました。

続きを読む

telegraf+influxdb+chronografでログを可視化してみる

こんにちは、ニフクラ技術支援チームです。

システム運用において、ログの管理は重要です。サーバーから出力されるログは状態監視のほか、トラブル調査やセキュリティ確保など、様々な目的で利用されます。

当ブログでは過去に、Splunkによるログの収集・解析fluentdとオブジェクトストレージを使用したログ収集といった、ログ管理に関するtipsをご紹介してきました。

これらに関連し、今回は「ログの可視化」に焦点を当て、telegrafinfluxdbchronografを使用し、収集したログの参照やグラフ化を行ってみたいと思います。この3つのツールはTICKスタックとして定番の組み合わせで、サーバーリソースのグラフ化などによく利用されます。

本記事では、Apache HTTP Serverのアクセスログとニフクラのアクティビティログを対象に検証していきます。

構成イメージ

f:id:TechnicalAccountEngineer:20201002174247p:plain
構成イメージ

続きを読む

プライベートブリッジとAcronisを併用した東西リージョン間のバックアップ検証

こんにちは、富士通クラウドテクノロジーズの吉崎です。

ニフクラでは、対応リージョン内のプライベートLAN同士を接続することで、インターネットを経由するよりもセキュアかつ高速に通信を行うことができる「プライベートブリッジ」サービスを2019年12月より提供しています。今回はこのプライベートブリッジを経由し、「Acronis Backup Cloud for ニフクラ」を用いて東日本リージョンに構築したサーバーのバックアップデータを西日本リージョンに構築したサーバーに保存する検証を行いました。

最終的には図1のような構成となっております。

f:id:TechnicalAccountEngineer:20200916104014p:plain
図1.今回検証したインフラの構成

本ブログでは、その構成手順と検証結果を解説します。また、Acronisの登録・設定に関してお問い合わせをいただくこともありますので、構成手順の中でその設定方法についてもご紹介します。

続きを読む

プライベートブリッジを利用したリージョン間のRDB外部レプリケーション機能の検証

こんにちは、ニフクラ技術支援チームです。

ニフクラRDBは外部レプリケーション機能を備えています。
そこに複数のゾーン・リージョンのプライベートLAN同士をL2接続するプライベートブリッジを組み合わせることにより、リージョン間でもセキュアかつ安定したプライベート通信でのレプリケーションを実現可能です。
今回は、別リージョンを利用したRDBのデータ保全を、より高速かつセキュアに行って可用性を高める目的で、ニフクラ クラウドデザインパターンの「3.【ネットワーク応用】ニフクラ クラウドデザインパターン」-「リージョン間接続パターン(プライベートブリッジ)」の構成を参考に、プライベートブリッジを利用して東西間でのRDB外部レプリケーション構成を実装してみます。

構成イメージ

f:id:TechnicalAccountEngineer:20200916135259j:plain
構成図

続きを読む