ニフクラ ブログ

ニフクラやクラウドの技術について、エンジニアが語るブログです。

NICを追加してみた(追加NIC機能)

コンピューティングのサービスに新たに加わった追加NICを使うと、サーバーにNICを追加することができます(名前のまんまですね)。これまではグローバルに1つ、プライベートに1つしかNICを使うことができなかったので、より複雑なネットワーク接続ができるサーバーを作ることができます。

追加NICにはいくつか制限がありますが、注意すべき点は以下の点でしょう。

  • ゾーンあたりの追加NICは40まで 
  • サーバーあたりの追加NICは6まで 
  • 同一のプライベートネットワークに追加NICを2つ以上接続できない 
  • IPアドレスの割り当ては通常のプライベートと同様 

特に4点目は作業効率を考えると、ルーター+DHCPサーバーの設定がほぼ必須になります。設定方法については以下の記事を参考に設定を行ってください。

プライベートLANにDHCPサーバーを作成する 

http://blog.pfs.nifcloud.com/privatelan_build_dhcpserver

追加NICの詳細は以下のページをご覧ください。

https://cloud.nifty.com/service/nic.htm

追加NICを利用する手順は以下の通りです。

  1. プライベートLAN+DHCPサーバーを準備する
  2. サーバーを作成する
  3. 追加NICを作成する
  4. 追加NICをサーバーに設定する

ここでは、手順1と2は省略します。

追加NICの作成

追加NICの作成は、コントローラーの「コンピューティング」から行います。

左側のメニューから「追加NIC」を選択します。「追加NIC作成」ボタンをクリックすると作成が行えます。追加NICを作成したいゾーンを選択し、そのゾーンにあらかじめ作成されているプライベートLANと、IPアドレスの割り当て方法を選択します。IPアドレスの割り当て方法は、サーバーにデフォルトで設定されているNICと同様です。動作の詳細については、前述した「プライベートLANにDHCPサーバーを作成する」のブログを参考にしてください。

f:id:sameshima_fjct:20171206153526p:plain 追加NICの作成画面

f:id:sameshima_fjct:20171206153549p:plain 追加NICのリスト画面

追加NICをサーバーに設定

作成した追加NICをサーバーに設定し、利用可能な状態にします。

起動中のサーバーに追加NICを割り当てることもできますが、サーバーの再起動が発生します。設定時に「再起動しない」という選択肢が増えています。以前からニフクラの中の人に「ネットワーク設定を変更すると絶対に再起動がかかるのは使いにくい」と言っておいた甲斐があったのでしょうか。地味ですが嬉しい変更ですね。

f:id:sameshima_fjct:20171206153556p:plain 追加NICの設定画面

サーバーを再起動すると、追加NICが使えるようになっています。

f:id:sameshima_fjct:20171206153630p:plain サーバーで3つのNICが動作している様子

f:id:sameshima_fjct:20171206155312p:plain 2つのプライベートLANに接続されている様子

ログインして確認

ログインして確認すると、以下のようにネットワークインターフェイスが3つになっています。

2: ens160: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:d5:14 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 157.112.xxx.xxx/23 brd 157.112.107.255 scope global dynamic ens160

3: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:6e:b6 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 10.132.2.184/18 brd 10.132.63.255 scope global dynamic ens192

4: ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000 link/ether e8:17:fc:0a:a1:8d brd ff:ff:ff:ff:ff:ff inet 192.168.0.2/24 brd 192.168.0.255 scope global dynamic ens224

これで2つのプライベートLANに跨がったサーバーなどを作ることができるようになりました。是非お試しください。

プライベートLANにDHCPサーバーを作成する

今回はニフティクラウドのプライベートLANにDHCPサーバーを用意して、サーバーに対するIPアドレスの割当を容易にする方法を解説します。

プライベートLANにDHCPサーバーが無いと、プライベートLANに接続したインターフェースのIPアドレスをゲストOSで手動設定する必要があります。プライベートLANに接続するサーバーの台数が多い場合、DHCPサーバーを用意する方がはるかに効率が良くなります。

続きを読む

【イベント】「ニフクラ エンジニア ミートアップ(交流会) 第四回」を開催(2017/10/11)

こんにちは、ニフティクラウドブログ編集部です。

毎回ご好評いただいている、エンジニア交流会のご案内です。

 「エンジニアにしか判らない悩みがある」  「他のエンジニアと技術交流をしてみたい」  「ニフティクラウドをもっと使いこなしたい」  「ニフティクラウドの中の人と話してみたい」

こういった方にぜひお越しいただきたいイベントです。 このブログのメインライターであり、OSC(オープンソースカンファレンス)の主催者でもある 日本仮想化技術株式会社の宮原徹氏がコーディネーターを務める、 エンジニアによるエンジニアのための交流会です。

続きを読む

ストレージサービス間でデータの移行を行う方法

こんにちは、富士通クラウドテクノロジーズ 小林です。

ニフティクラウドには
ニフティクラウドストレージ (旧)
ニフティクラウド オブジェクトストレージ

という2種類のストレージサービスが存在します。
それぞれS3ベースの互換APIであることは変わりませんが、オブジェクトストレージはアップロードの転送量がリージョンに関わらず完全に無料であったり、昨今のデータ増加傾向に合わせたコストメリットが大きい料金設計のサービスになっております。
※ちなみに、両方のサービスともリクエスト量による課金は一切ございません。料金についての詳細はこちらを御覧ください。

この2種類のストレージサービスですが、オブジェクトをそれぞれのサービス間で移行するには少々工夫が必要ですので今回はいくつかやり方をご紹介したいと思います。

続きを読む

プライベートLANの作成方法

ニフティクラウドでプライベートLANを作成すると、共用ネットワークとは別にサーバーを相互に接続することが可能になります。たとえば、WebアプリケーションサーバーのバックエンドとしてDBサーバーを配置したり、ルーターを経由して別のプライベートLANに接続することもできるようになります。今回はプライベートLANの基本的な作成方法について解説します。なお、サーバーはCentOS 7で作成し、基本的な作成方法などは知っている前提で解説を行います。

プライベートLANの基本的な仕様については、以下のページを参照してください。

機能・サービス>プライベートLAN

続きを読む