ニフクラ ブログ

ニフクラやクラウドの技術について、エンジニアが語るブログです。

RDB 新サーバータイプ「Type-e」をベンチマークしてみた。

こんにちは、ニフティクラウド テクニカルアカウントエンジニアチームです。

2016年4月13日に、ニフティクラウド RDBにて、新サーバータイプ「Type-e」の提供が開始されました。

ニフティクラウドの通常のサーバー同様に、ご利用いただきやすい料金帯のRDBがリリースされたことで、利用しやすくはなりますが、データベースとしての性能は気になるところです。
※実際の料金などは、料金表をご覧いただければと思います。

本記事は、すでに提供されていたRDBの「Type-h」、今回リリースされた「Type-e」について、性能比較を行った結果をお伝えします。

ベンチマークツールについて

ベンチマークを取得するにあたり、今回計測ツールとして「sysbench」を利用します。

sysbenchは、MySQLなどデータベースのトランザクション処理の測定が可能なツールです。 計測対象となるRDBに対してデータを格納、アクセス元となるクライアントサーバーにsysbenchを導入、計測を実施します。

計測環境

計測対象

利用ゾーンeast-14
利用ディスク高速ディスク
Type-hdb.small4 、db.medium8 、db.wlarge32
Type-edb.e-small4、db.e-medium8、db.e-wlarge32

クライアント:sysbench実行サーバー

利用ゾーンeast-14
サーバータイプwlarge32(Type-h)

※sysbench実行サーバーによる性能劣化を防ぐため、ハイスペックサーバーを利用

実施方法

  1. シングル構成
  2. 冗長化構成(データ優先)

データ準備/性能取得実施/データクリアを組み込んだシェルを実施

HOST=$1
OLTP_PARAMS="--test=oltp --oltp-table-size=40000000 --db-driver=mysql"
MYSQL_PARAMS="--mysql-user=mydbuser --mysql-password=password --mysql-host=$HOST"
sysbench $OLTP_PARAMS $MYSQL_PARAMS prepare
sysbench $OLTP_PARAMS $MYSQL_PARAMS --num-threads=16 --max-requests=0 --max-time=180 --init-rng=on --oltp-dist-type=uniform run 2>&1
sysbench $OLTP_PARAMS $MYSQL_PARAMS cleanup

計測結果

性能比較

1.シングル構成時

WS_000001

2.冗長化構成時

WS_000002 グラフの縦軸では、sysbenchにてOLTP処理(オンライントランザクション処理)を実施されたときに、180秒間で何トランザクションが実施されたかを確認できます。

コストパフォーマンス比較

1.シングル構成時

WS_000004

2.冗長化構成時

WS_000005

グラフの縦軸は「総トランザクション数/費用」を表しており、コストパフォーマンスを確認できます。

結果では、Type-eはType-hに比べ、最大で2/5程度の性能差がありますが、高スペックのサーバーでは、ほぼ同一の性能となっています。

参考:料金

サーバータイプ月額
db.e-small413,500円
db.small429,000円
db.e-medium829,900円
db.medium855,200円
db.e-wlarge3298,000円
db.wlarge32209,600円

※2016年5月時点

総評

今回の結果では、スペックが低い場合、Type-hの方が性能およびコストパフォーマンスに優れており、スペックが高いほどType-hとType-eの間で性能差が少なくなり、Type-eの方がコストパフォーマンスに優れていると言えます。

例えば、smallやmediumまではType-hを使い、large以上のRDBを使いたい場合Type-eを選ぶと、費用対効果は高そうです。

さいごに

今回のベンチマークでは、OLTP処理を測定するため、sysbenchによる性能取得を実施しました。

ベンチマーク結果は参考値であり、お客様のアプリケーションの動作を保証するものではございません。 「Type-e」と「Type-h」は自由にプラン変更が可能ですので、Type-eで試してからType-hに変更することや、Type-hでスタートして余裕がありそうならType-eに変更するなど、ぜひ色々な構成を試していただき、最適なスペックを見つけていただければと思います。

注:ニフティクラウドでは、CPU型番などの情報を公開していません。計測したゾーンやサーバーよって、結果は異なる場合があります。
注:本計測は、あくまで筆者の環境を使った計測時点での値であり、計測環境・計測時間によって異なる場合あります。参考程度に留めてください。